生活に密着

茶畑

昨今続いた地価下落傾向は、アベノミクスの余波も受けて、下げ止まりの傾向になりつつあります。
ここのところ、鈍っていた不動産売買の動きも活発化を増し、分譲団地も次々と開発されています。
消費税増税前の駆け込み需要もまだまだ続き、戸建てを検討するケースも増えているようです。
実際、人手不足や原材料費の高騰があいまって工事部門の建築現場の方が対応に追いついていないのが実情です。
最近では注文住宅のほかに、空き家をリノベーションし、新しく生まれ変わらせるという試みも盛んです。
空き家の増加が見込まれる中で、既存家屋の活用は、民間だけでなく行政も一体となって、今後ますますホットなビジネスにつながると期待されています。

相変わらず、福岡市周辺の市町村の人気は続いています。
特に、JR鹿児島本線や西鉄沿線の市町村の人気は高く、福岡市を中心に北へ南へ、徐々に住宅街が広がりを見せています。
最近では、筑後地方(久留米市や筑後市)なども、市町村合併や新幹線開通、ソフトバンク2軍キャンプ誘致を控え、活気を見せています。
一方で、その他のエリアについては、まだまだ下落傾向は止まらず、市街地の空洞化は進んでいます。
広がりを見せつつはあるものの、依然福岡市一極集中の傾向は変わっていません。
高齢化率もかなりのスピードで進んでいます。
各市町村が独自の地域色を出し、魅力ある街づくりに取り組む姿勢が、今後ますます求められていくと思われます。